地球にやさしい製品「asue(あすえ)」の展開

12

14

環境中に存在する細かなプラスチック粒子「マイクロプラスチック」による海洋汚染問題などを皮切りに、プラスチック製品の活用・リサイクルについて、世界全体で課題として認識し始められています。
既に世界の海に存在しているといわれるプラスチックごみは、合計で1億5,000万トン(※1)。毎年新たに少なくとも年間800万トン(※2)が、流入していると推定されています。

当社では、植物由来100%のでんぷんを使用した、人にも地球にやさしい国産紙ストロー「NAKABAYASHI paper straw」の製造や、サトウキビの搾りかすを活用したバガスモールドなど、地球にやさしい紙器製品「asue(あすえ)」の展開を行っています。
海の豊かさや地球環境を守るため、長年、紙に携わってきた企業として、紙素材を活用した製品開発・提案を積極的に広げ、ナカバヤシにできる貢献をこれからも行っていきます。

 

asue(あすえ)  asue(あすえ)

 

参考

※1 McKinsey & Company and Ocean Conservancy (2015)
※2 Neufeld, L. et al. (2016)

WWFジャパン 『海洋プラスティック問題について』
https://www.wwf.or.jp/activities/basicinfo/3776.html

 

関連サイト

「asue(あすえ)」公式サイト

ナカバヤシとSDGs

PAGE TOP