トップメッセージ

代表取締役社長 湯本 秀昭 Hideaki Yumoto

そうそうそうグループの総合力を集結し、社員の想像力を掻き立て、
顧客満足を満たす創造企業を目指す

当社は、1923年(大正12年)に図書館製本・古文書の修復業で創業しました。その後、手帳やアルバム、ノートなどの紙製品やレターケースなどの収納用品、シュレッダをはじめとした事務機器など、オフィスや家庭で欠かせない便利な商品やサービスを提案してまいりました。

現在の事業セグメントは、「ビジネスプロセスソリューション(印刷、製本、試験運営、人材派遣など)」「コンシューマーコミュニケーション(ノート、アルバム、ファイル、チャイルドシートなど)」「オフィスアプライアンス(オフィスシュレッダ、オフィス家具など)」「エネルギー」「その他」と多岐にわたっています。多種多様な商品やサービスに昇華させていく中で、製本業で培った技や想いは今でも事業の根幹にあります。

また木質バイオマス発電(島根県松江市)や農業分野への進出(兵庫県養父市)、スポーツへのスポンサー活動を通して、雇用の創出と地域への貢献を目指すとともに、エネルギー問題や食糧問題、健全な青少年の育成など社会とのかかわりにも積極的に取り組んでいます。当該地域の課題と当社事業の親和性を高め、企業価値・ブランドイメージの向上にもつながるものと考えております。

ナカバヤシは2018年5月に「2019-2021年度 中期経営計画~総・想・創~」を策定し公表しました。基本方針の達成に向け「ナカバヤシからの6つの約束」では数値的な経営指標だけでなく、「グループの総合力を結集し、社員の想像力を掻き立て、顧客満足を満たす創造企業を目指す」として、数値目標、多様な働き方の実現、社員が自由な発想を発揮出来る職場環境の構築も進めております。

市場環境はますます変化していきますが、お客様の大切な想いを敏感にとらえ対応し続けることで、生活を豊かにする商品、価値あるサービスを提供し、次代へ文化を伝えるとともに、豊かな社会づくりに貢献する夢と希望のある創造企業を目指しチャレンジし続けます。

今後とも変わらぬご愛顧とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

PAGE TOP