しまねの 森が支える エネルギー

松江バイオマス発電株式会社は、生物から得られた有機物(バイオマス燃料)を活用した
再生可能エネルギーのひとつである木質バイオマス発電事業を島根県松江市で展開しています。

県の総面積の約8割を森林が占める島根県。
製品の材料として使われてこなかった未利用材や間伐材を加工した「木質チップ」を
燃料として使用することで、森林資源の有効活用につなげています。

木の伐採・運搬・加工等の林業に関わる雇用創出など、
松江バイオマス発電株式会社は「発電事業」を通して地域貢献を続けています。

施設紹介動画:約10分30秒

木質バイオマス発電のメリット

  • CO2の排出抑制(カーボンニュートラル)

    CO2の排出抑制(カーボンニュートラル)

    燃料の木質チップを燃やす際に放出される炭素は、成長過程で大気中から吸収した炭素と同量のため、化石燃料を用いた火力発電に比べ、CO2の排出量の増加を抑えることができるという考え方に基づいています。(バイオマス発電で木質チップを燃やしてもCO2の総量は増えません。)

  • 高い稼働率

    高い稼働率

    太陽光発電や風力発電などと比べ、天候や時間帯の影響を受けることが無く安定して電力を供給することができます。また、発電量のコントロールも行えます。

  • 雇用や地域経済への貢献

    雇用や地域経済への貢献

    林業をはじめ、燃料チップの生産~運搬に至るまで地域社会の雇用や経済促進に貢献できます。 また、林地残材の減少により山間部の災害予防や定期的な植樹や植え替えによる関連水域の水質浄化にも繋がります。

introduction 発電所紹介

松江バイオマス発電株式会社の施設には、「トラックダンパースケール」「燃料チップヤード」、「流動層ボイラー」、「タービン・発電機室」、「補機施設」などの設備があります。

発電所内すべての装置や設備を常に正常な状態で安全に稼働させるため、中央制御室では発電所全体の監視を行っています。また、各施設の運転状況を把握する制御システムと監視カメラにより、機械の動作確認やトラブルの発見・防止策などを24時間体制で行っています。

トラックダンパースケール

トラックダンパースケール

トラックで運ばれてきた木質チップは、トラックダンパースケールで計量・受入れをします。トラックの荷台より直接受け入れることで、効率が上がり、短時間且つ大容量の計量・受入れが可能です。

燃料チップヤード

燃料チップヤード

受け入れた木質チップは、大きさを選別するロータリースクリーン、チップ内に混ざっている鉄くずなどを取り除く磁選機を通り、燃料チップヤードに保管します。
チップヤードには、枝や木の皮などを原料とする「破砕チップ」、丸太を原料とする「切削チップ」の、形状が異なる2種類の木質チップを最大で3日分程度、およそ800トンを一時貯留できます。なお、2種類の木質チップは、発電状況にあわせ、混ぜ合わせて使用します。

燃料チップヤード概要
面積 約2555㎡
最大約3~4日分貯留可能(丸太換算 約2600本分)

流動層ボイラー

流動層ボイラー

木質チップを燃料チップヤードからボイラーの最上部まで運び、必要量を瞬間的にコントロールしながら流動層ボイラー内に投入します。
ボイラーの下層には800℃に熱せられた砂が敷き詰められており、空気を送り込み流動させ、炭化したチップ表面を繰り返し削ることで、水分の多い木材チップを完全燃焼させています。 燃焼により発生する灰は、灰ピットで貯蓄され、土木資材として再利用するほか、新たな活用の取り組みも進めています。

タービン・発電機室

タービン・発電機室

燃焼により発生した熱は、流動層ボイラー内にある水管で吸収され、エネルギーを持った水蒸気を生成します。その水蒸気でタービンを回転させ、変速機を通じて発電します。
タービンを回転させた高温状態の水蒸気を、タービンの下に設置している復水器で急激に冷やすことで、減圧効果が生まれ、発電に寄与しています。
実際に発電しているタービンの回転数やエネルギー量などの詳細は、監視装置で常に確認しています。

補機施設

補機施設

発電所の安全運転のためには必要な空気の量をコントロールすることが必須の為、多くのファンを補機施設に設置しています。
ファンは、流動層ボイラーの中にある木質チップなどの燃料を完全に燃焼させる効果や、燃焼による排ガスの発生を正常値に抑えるなど、重要な役割を担っています。
また、ボイラー内に缶水を循環させるためのポンプ類や、発電に必要な水蒸気の基となる純水装置・排水処理装置も備えています。

company 企業情報

会社概要

会社名 松江バイオマス発電株式会社
設立 2013年5月17日
所在地 〒690-0832 島根県松江市大井町899番地7号
代表者 辻󠄀村 肇
資本金 4億円
出資比率
ナカバヤシ株式会社
55%
日本紙パルプ商事株式会社
40%
三光株式会社
5%
主要事業 木質バイオマス発電

事業内容

事業内容 県産材を主とする国産未利用材等を燃料に使用する木質バイオマス発電
発電出力 6,250kw (発電端出力)
運転形態 24時間連続定格運転
発電燃料

県産材を主とする国産未利用材、製材残材等木質チップなど

使用量
年間88,000t(水分値50%時)
未利用材(主に島根県内産)
約90%
製材残材他
約10%
油ヤシ核殻(PKS)
若干量
建築廃材
不使用
年間発電量 49,500,000kwh
商業運転開始 2015年6月

access 交通アクセス

所在地
〒690-0832
島根県松江市大井町899番地7号
TEL
0852-39-0391
FAX
0852-39-0392
自動車でお越しの方 自動車でお越しの方
自動車でお越しの方
  • 松江JCTより約8分
  • 西尾ICより約5分
電車でお越しの方 電車でお越しの方
電車でお越しの方
  • 松江駅よりタクシーで約15分
飛行機でお越しの方 飛行機でお越しの方
  • 出雲縁結び空港より 車で約50分
  • 米子鬼太郎空港より 車で約30分